ホーム > 病院案内 > 臨床指標

臨床指標 令和元年度(平成31年4月~令和2年3月)

病院全体の指標

(1)年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 484 81 252 343 493 664 1019 2294 2056 579

当院は地域医療支援病院であり、質の高い医療を提供しております。病院の基本方針である「信頼され心あたたまる病院」を目指し、地域の医療機関との連携を大切に患者様中心の医療を推進しております。

(2)診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401
脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2
29
14.62 16.13 24.14
65.62
  
040081xx99x00x
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
26 13.69 20.84 11.54 80.81   
010060x2990421
脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病2あり発症前Rankin Scale 0、1又は2
17 25.65 30.69 64.71 77.53   
010160xx99x00x
パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
17 14.94 17.72 5.88 77.94   
010230xx99x00x
てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
16 4.13 7.10 6.25 54.06   

神経内科入院症例で最も多いのは脳梗塞です。上位1は脳機能保護薬(ラジカット注射)を実施した症例であり、 上位2は誤嚥性肺炎の症例になります。どちらも全国在院日数と同等、あるいは短い入院にて急性期治療が行われています。その他、パーキンソン病、てんかん、15歳以上の髄膜炎、ギラン・バレー症候群、多発性硬化症等専門領域の治療を幅広く治療しております。

血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
130060xx97x40x
骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし
14 9.29 20.30 0 73.36   
040081xx99x00x
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
10 45.90 20.84 10.00 92.40   
130030xx99x40x
非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし
10 12.40 15.79 0 67.50   
130030xx99x50x
非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし
- 8.67 13.41 0 81.67   
130030xx99x30x
非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし
- 2.0 16.50 0 60.50   

血液内科の症例で最も多いのは骨髄異形成症候群による入院です。また非ホジキンリンパ腫や多発性骨髄腫の治療も行っております。

呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし
31 5.81 3.34 0 72.00   
040040xx99040x
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし
30 6.20 9.59 0 70.63   
040040xx9905xx
肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり
18 13.39 20.04 0 74.61   
040110xxxxx0xx
間質性肺炎 手術・処置等2なし
16 14.63 18.84 0 72.56   
040081xx99x00x
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
14 26.29 20.84 7.14 82.57   

呼吸器内科では肺癌疑い、肺炎の入院症例を多く診療しております。1番多い症例では肺癌を調べる経気管支肺生検を行う患者数です。概ね2泊3日入院し検査を行い退院しております。2番、3番4番目に多いのは化学療法を施行した患者さんです。使用する薬剤によって分類されます。
また、慢性閉塞性肺疾患(COPD)においても多く治療を行っております。

循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x
心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
185 17.84 17.71 10.27 88.43   
050050xx99100x
狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし
85 3.31 3.01 1.18 66.13   
050030xx97000x
急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし
81 12.51 12.37 2.47 70.53   
050050xx02000x
狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし
63 5.03 4.40 0 71.60   
050210xx97000x
徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし
41 15.63 10.80 4.88 78.73   

循環器内科で最も多いのは、心不全に対する内科的治療です。心臓は体全体に血液を運搬するポンプの作用を有していますが、全身の臓器に必要かつ十分な酸素が行き渡らない状態が心不全であり、あらゆる心臓病の終末像にあたります。高齢社会を反映して、心不全患者さんの入院時平均年齢は高くなっております。
当院では循環器内科と心臓血管外科が一体になって診療を行っております。医学的根拠に基づき、薬物治療、カテーテル治療、外科治療の中から患者さんに最適な治療治療方針を決定します。
2番目に多い入院症例は、狭心症などに対する心臓カテーテル検査です。心臓カテーテル検査は、カテーテルと呼ばれる細い管を手首や足の付け根の動脈から心臓まで通し、造影剤を注入して冠動脈を撮影する検査です。概ね2泊3日の入院となっております。

消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし
266 3.05 2.63 0 72.76   
060035xx03xxxx
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
93 6.02 6.98 0 68.77   
060340xx03x00x
胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし
78 9.47 9.79 2.56 74.06   
060102xx99xxxx
穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし
66 8.73 7.65 3.03 63.82   
060020xx04x0xx
胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし
58 7.86 8.27 0 75.78   

消化器内科で最も多い入院は、大腸ポリープの患者さんです。2番目は早期大腸癌、大腸線種に対する早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術(ESD)を施行した患者さんです。次にERCP(逆行性膵胆管造影)を施行した症例であり、総胆管結石や、胆管炎、胆嚢炎等幅広く治療を行っております。次いで大腸憩室炎、胃腸炎等、消化器領域を幅広く治療を行っております。

腎臓内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99020x
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし
24 4.83 8.99 0 68.67   
110280xx99000x
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
16 18.75 11.67 12.50 68.63   
040081xx99x00x
誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
15 48.87 20.84 20.00 83.27   
110280xx02x00x
慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし
10 8.60 8.48 0 75.50   
110310xx99xx0x
腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし
- 10.56 12.58 11.11 81.11   

腎臓内科で最も多い入院症例は慢性腎不全により透析を実施する患者さんになります。また、肺炎患者さんの入院症例も多く、内科領域を幅広く診療を行っております。

糖尿病・内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100
2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満
27 9.44 14.10 0 62.93   
100040xxxxx00x
糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし
15 11.67 13.41 6.67 67.13   
100210xxxxxxxx
低血糖症
10 5.30 6.83 10.00 63.10   
030400xx99xxxx
前庭機能障害 手術なし
- 2.67 5.01 0 72.17   
100140xx99x00x
甲状腺機能亢進症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
- 7.80 10.91 0 49.0   

2型糖尿病に対する教育入院では、①インスリン分泌能の評価②合併症の評価③それらに基づく治療法の選択④食事・運動療法の効果の実体験⑤糖尿病療法に必要な知識の収得を目的としており、10-14日くらいの入院を要します。また、血糖値の高い患者さんが外科、眼科など他診療科で手術をする前に、入院にて血糖コントロールを行う場合もあります。 糖尿病専門医、糖尿病療養指導士、糖尿病専門薬剤師、専門看護師、管理栄養士にてチームを結成し患者さんの治療を行っております。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
103 5.28 6.17 6.80 0   
040090xxxxxx0x
急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし
72 5.43 6.19 0 1.22   
060380xxxxx0xx
ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし
42 4.05 5.39 0 3.60   
140010x299x0xx
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし
40 7.05 11.16 2.50 0   
040070xxxxx0xx
インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし
37 5.92 5.73 0 1.43   

小児感染症患者さんを中心に入院加療を行っております。在院日数においてはほぼ全国在院日数と同等であり、適正な入院診療を行っております。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx
鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等
75 4.45 4.85 1.33 71.16   
060330xx02xxxx
胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等
35 5.74
6.37 0 56.40   
060150xx03xxxx
虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等
31 5..39 5.45 0 36.61
  
060020xx99x30x
胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし
29
2.00
6.39
0
68.38   
060150xx99xx0x
虫垂炎 手術なし 副傷病なし
27 4.33 6.94 0 34.00   

外科で最も多い入院は、鼠径ヘルニアの患者さんです。次に胆石・胆嚢炎、虫垂炎の症例の順になります。虫垂炎に関しては、腹腔鏡下手術も行っております。
当院では急性胆嚢炎の患者さんの多くは、当科で腹腔鏡下胆嚢摘出術を行うことが多くなっております。
また、近年胃癌症例も増加してきており幅広い治療を行っております。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x
胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし
82 23.70 19.40 40.24 81.37   
160800xx01xxxx
股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等
82 34.65 25.94 57.32 83.15   
160780xx97xx0x
手関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 副傷病なし
33 5.30 4.11 0 58.06   
070230xx01xxxx
膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等
28 28.11 23.56 25.00 77.21   
160740xx01xx0x
肘関節周辺の骨折・脱臼 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿等 副傷病なし
28 5.82 5.59 0 23.25   

大腿骨骨折、腰椎圧迫骨折、大腿骨頚部骨折、手関節内骨折、変形性膝関節症、肘関節内骨折の症例順になります。術後よりリハビリを開始し、MSWが介入を行い、回復期リハビリテーション病棟へのスムーズなリハビリ転院促進を図っております。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx
未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし
38 3.11 3.01 0 64.29   
010040x099000x
非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
32 24.19 18.81 71.88 66.81   
010050xx02x00x
非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし
30 11.03 11.86 10.00 77.23   
160100xx99x00x
頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
23 8.61 7.34 4.35 60.91   
010030xx03x00x
未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2なし 副傷病なし
20 7.05 9.24 0 64.55   

脳神経外科では未破裂脳動脈瘤に対し、術前術後の血管撮影を行う入院を多く扱っております。次いで慢性硬膜下血腫症例、脳梗塞症例となり頭部疾患に関して幅広く診療をしております。未破裂脳動脈瘤に関しては、塞栓用コイルを用いたカテーテル治療を行っております。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx
膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし
76 6.18 7.07 0 75.24   
110080xx991x0x
前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし
43 2.35 6.87 0 73.05   
110310xx99xx0x
腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし
24 8.42 6.85 4.17 60.04   
110200xx02xxxx
前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等
16 8.13 9.17 0 75.25   
11012xxx99xx0x
上部尿路疾患 手術なし 副傷病なし
15 9.60 5.27 6.67 71.33   

泌尿器科で最も多い入院は膀胱がんに対する経尿道的手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術、TUR-Bt)を受ける患者さんです。 2番目に多い入院は、前立腺がんが疑われたときに行われる前立腺針生検の患者です。
次に多いのは、前立腺肥大症に対しての治療、精巣炎等泌尿器領域を幅広く診療しております。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0101xx
狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり
16 21.63 22.71 25.0 68.50   
050163xx03x0xx
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし
12 14.58 11.75 0 76.75   
050080xx01010x
弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし
- 20.71 23.77 28.57 62.00   
050163xx02x10x
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり 副傷病なし
- 18.75 19.82 0 65.00   
050163xx01x10x
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等21あり 副傷病なし
- 57.67 28.02 66.67 66.67   

心臓血管外科の主な入院症例は大動脈弁狭窄症や僧房弁閉鎖不全症など弁膜症の患者さんに対する弁置換術、心臓の冠動脈が狭窄または閉塞し、心筋に血液が十分に供給されないことで起こる狭心症や急性心筋梗塞などの患者さんに対する冠動脈バイパス手術です。これらの中には弁膜症の手術と冠動脈バイパス術を同時に行う症例も含まれますが、全国の平均在院日数より短い日数で退院されています。
なお、本集計は厚生労働省から指定された算出方法に基づき集計しております。その算出方法では一度の入院中に複数の診療科で治療を受けた場合(転科)、原則的には退院前に治療を受けていた診療科でカウントされます(一回の入院に対して一診療科)。当院心臓血管外科は手術後に循環器内科に転科して退院される患者さんがいらっしゃるため、ここに掲載された件数は実際の手術件数よりも少なくなっております。実際の手術件数等は当診療科ページをご参照ください。

呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx
肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし
34 9.29 11.51 0 68.97   
040200xx01x00x
気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし
24 10.21 10.18 0 35.29   
040150xx97x00x
肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし
- 10.56 31.04 0 67.22   
040200xx99x00x
気胸 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし
- 5.14 9.11 0 30.86   
040030xx01xxxx
呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等
- 11.75 9.26 0 54.25   

呼吸器外科では、開胸して行う手術ではなく、難度が高い胸腔鏡を用いて行う手術症例を多く実施しており、早期退院が可能となっております。気胸患者さんに対しても胸腔鏡下にて手術を行い早期退院が可能となります。

耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx
扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし
- 5.00 5.45 0 44.67   
030400xx99xxxx
前庭機能障害 手術なし
- 3.67 5.01 0 57.33   
030428xxxxxxxx
突発性難聴
- 8.50 8.93 0 72.00   







  







  

1番多い入院症例は、急性扁桃炎・急性扁桃周囲膿瘍であり比較的若年層の患者さんが入院しております。2番目はめまい症に対し多く診療しております。

皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx
帯状疱疹
32 7.63 9.00 0 68.22   
080010xxxx0xxx
膿皮症 手術・処置等1なし
14 9.93 12.55 0 56.00   
080110xxxxx0xx
水疱症 手術・処置等2なし
- 16.00 28.56 50.00 70.50   
010080xx99x001
脳脊髄の感染を伴う炎症 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし15歳以上
- 12.00 12.00 0 77.00   
070395xx99xxxx
壊死性筋膜炎 手術なし
- 1.00 16.96 100 55.00   

帯状疱疹に対する治療を主に行っております。在院日数は全国平均在院日数より短く、適正な入院治療を行っております。

産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
120165xx99xxxx
妊娠合併症等 手術なし
39 12.72 11.79 0 31.79   
120060xx02xxxx
子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等
36 5.58 6.09 0 39.81   
120140xxxxxxxx
流産
36 1.14 2.51 0 35.47   
120070xx02xxxx
卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等
32 5.75 6.21 0 36.38   
120170xx99x0xx
早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし
20 14.05 19.06 45.00 30.50   

子宮、卵巣の良性腫瘍患者に対して腹腔鏡下手術を積極的に行っております。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数(自院) 平均在院日数(全国) 転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0
白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼
339 2.99 2.78 0 77.38   
020110xx97xxx1
白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼
171 3.00 5.09 0 79.32   
                       
                       
                       

白内障に対する水晶体再建術を多く実施しております。

(3)初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 60
4 16 14
12 66 1 7,8
大腸癌 23 20
23 33 79 81 1 7,8
乳癌 11 9 1 1 1 20 1 7,8
肺癌 13 14 17 39 11 96 1 7,8
肝癌 13 2 1 2 5 57 1 8

※1:UICC TNM分類, 2:癌取扱い規約
5大がんについて、初発患者の病期分類による延べ患者数、再発患者の延べ患者数を示しています。当院において、がんの診断、初回治療を行った場合を「初発」として病期分類ごとに集計し、初回治療以降の継続治療を行った場合を「再発」としております。がんの病期分類は、がんがどれくらい進行しているのかという病期・進行度を意味し、Stage0からStageⅣまであり、StageⅣが最も進行していることになります。
当院は、消化器内科・外科で消化器癌、肝癌の治療に力を入れ、検診からの早期発見、早期の癌に対しての内視鏡治療、肝がんラジオ波焼灼術の治療により早期Stageの患者が多くなっています。
また、手術後の定期的な検査、加療、緩和ケアを継続するトータル医療の提供、他医療機関との連携による手術後、治療後の経過観察目的の患者受け入れのため、再発の割合が高くなっています。
※10症例以下は個人情報のため表示していません。

(4)成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード
  患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 26 8.35 51.65
中等症 136 19.39 81.55
重症 30 24.07 84.07
超重症 7 25.43 87.57
不明 0 0.00 0.00

A-DROPシステムの重症度別治療指針では、「軽症」の患者さんは外来治療が原則ですが、入院となる場合が少なからずあります。平均年齢が50歳代前半と比較的若いにもかかわらず、高熱が続いて食事がとれない等、咳がひどく睡眠が障害される、といったケースです。
「中等症」の患者さんが最も多いですが、「中等症」以上の患者さんの平均年齢は80歳を超え、高齢者の方ほど重症化しやすいことが推定されます。患者さんの状態に応じて適切な治療を行っておりますが、とくに「重症」の患者さんの平均在院日数が50日と長いのは、背景に悪性腫瘍や、慢性閉塞性肺疾患などの呼吸器疾患を抱えているために長期化したと考えられます。

(5)脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 227 25.05 75.92 44.58
その他 22 15.68 73.73 2.01

脳梗塞と診断された患者さんの約8割は、発症3日以内でした。脳梗塞の急性期治療を終了した患者さんのうち6割は自宅復帰されておりますが、残りの4割は近隣医療機関へ転院し、リハビリテーションか長期療養に専念することになります。

(6)診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 76 0.66 2.86 1.32 71.32   
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 64 2.14 4.22
0 57.70   
K7182
虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの)
23 0.52 9.04 0 56.70   
K7193
結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)
23 4.22 19.35 8.70 76.30   
K7181
虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの)
22 0.27 4.05 0 40.00   

外科で最も多い手術はヘルニア手術、腹腔鏡下胆嚢摘出術、結腸切除術の順になります。腹腔鏡下手術を積極的に行っており、がんに対する手術においても腹腔鏡下で行う症例が多くなっております。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0461
骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿)
76
3.17
24.42
47.37
76.88
  
K0732
関節内骨折観血的手術(胸鎖,手,足)
51 2.31 7.24 0 59.59   
K0731
関節内骨折観血的手術(肩,股,膝,肘)
37 3.59 22.08 16.22 61.89   
K0821
人工関節置換術(肩,股,膝)
35 1.51 27.71 20.00 76.69   
K0462
骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨)
30 2.70 10.60 6.67 43.80   

大腿骨骨折の患者さんに対し多くの手術を行っております。人工関節置換術症例も増加しております。術後、早期にリハビリを開始することにより一日も早く社会復帰していただくことを心掛けております。
また、リハビリテーション病院等スムーズな転院促進を行っております。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術
32 0.22 10.25 9.38 77.44   
K1781
脳血管内手術(1箇所)
25 2.44 13.60 20.00 66.52   
K178-4
経皮的脳血栓回収術
18 0.11 29.00 83.33 76.83   
K609-2
経皮的頸動脈ステント留置術
13 15.62 15.85 46.15 77.15   
K149-2
後頭蓋窩減圧術
- 1.33 28.00 0 65.75   

慢性硬膜下血腫の手術が多くなっております。2番目に多いのが脳血管内手術であり未破裂脳動脈瘤に対し手術を行っております。近年では脊髄空洞症に対して行う減圧開頭術の症例数が増加しており、他県より治療を希望する患者さんが増加しております。

呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K5131
胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除))
27 3.74 5.11 0 34.19   
K514-21
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)
16 1.00 5.94 0 71.69   
 K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術
 -
2.00 3.56 0 65.00  
K514-23
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)
- 2.11 9.56 0 65.00   
K514-22
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)
- 1.57 6.86 0 69.57   

悪性腫瘍手術については、患者さんの状態に応じて術式を選定しております。胸腔鏡下にて手術を行うことにより低侵襲早期に退院することが可能となりました。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K552-22
冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上)
10 6.80 15.50 30.00 70.00   
K5612ロ
ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(腹部大動脈)
10 2.10 6.00 0 76.80   
K5551
弁置換術(1弁)
- 9.00 17.17 50.00 68.17   
K5522
冠動脈、大動脈バイパス移植術(2吻合以上)
- 9.50 19.50 50.00 65.25   
K5612イ
ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(胸部大動脈)
- 6.33 27.67 0 67.33   

心臓血管外科の主な手術の一つは冠動脈バイパス術です。並んで多いのは弁膜症に対する弁置換術で、他の併存症を抱えている患者さんも多いことから、術前の検査や治療を十分に行いよい状態で手術に臨んで頂くため、術前日数は少々長くなっております。
なお、本集計は厚生労働省から指定された算出方法に基づき集計しております。その算出方法では一度の入院中に複数の診療科で治療を受けた場合(転科)、原則的には退院前に治療を受けていた診療科でカウントされます(一回の入院に対して一診療科)。当院心臓血管外科は手術後に循環器内科に転科して退院される患者さんがいらっしゃるため、ここに掲載された件数は実際の手術件数よりも少なくなっております。実際の手術件数等は当診療科ページをご参照ください。

産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8882
子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡)
34 0.97 3.68 0 35.35   
K9091ロ
流産手術(妊娠11週までの場合)(その他のもの)
33 0.06 0.03 0 35.33   
K877-2
腹腔鏡下腟式子宮全摘術
26 1.00 3.62 0 47.27   
K872-2
腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術
22 1.00 3.68 0 34.14   
K867
子宮頸部(腟部)切除術
12 1.00 1.00 0 34.50   

最も多い手術は卵巣腫瘍、子宮内膜症に対して行う手術になります。次いで子宮筋腫に対し腹腔鏡下子宮筋腫摘出術、子宮全摘術を実施しております。
また、当集計では対象外ですが、帝王切開術等多く実施しております。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)
510 1.01 1.00 0 78.01   
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合)
- 1.00 0 0 76.00   
                       
                       
                       

白内障に対する水晶体再建術を多く実施しております。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ
膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)
70 1.23 4.26 0 75.17   
K783-2
経尿道的尿管ステント留置術
20 0.60 2.70 0 67.75   
K8411
経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用)
17 1.12 6.18 0 75.00   
K773
腎(尿管)悪性腫瘍手術
11 3.27 9.27 0 73.27   
K775
経皮的腎(腎盂)瘻造設術
- 4.22 13.67 11.11 70.22   

泌尿器科で最も多い手術は、膀胱がんに対する経尿道的手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術、TUR-Bt)になります。次に多いのは尿管狭窄や尿管結石に対して行う尿管ステント留置術になります。ステントを留置して尿管を広げる手術であります。
また、腎癌、腎盂癌患者さんに対しても幅広く手術を行っております。

循環器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K5493
経皮的冠動脈ステント留置術(その他)
82 4.33 4.04 2.44 71.83   
K5492
経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)
35 0.06 12.63 8.57 69.54   
K5972
ペースメーカー移植術(経静脈電極)
31 4.84 9.52 3.23 77.45   
K616
四肢の血管拡張術・血栓除去術
25 4.40 5.04 4.00 77.44   
K5491
経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞)
22 0 11.05 0 63.91   

1番目と2番目と5番目は心臓の血管が狭まり血流を改善するため、ステントを用いて血流を良くする手術を多く実施しております。また、2番目は不安定狭心症に対して行います。5番目は急性心筋梗塞に対し施行するため、非常に緊急性を要するため術前日数がほぼ当日であることから、緊急カテーテル手術に対応しております。

腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3
内シャント又は外シャント設置術 29 11.69 17.07 6.90 73.93   
K616-4
経皮的シャント拡張術・血栓除去術
12 1.83 1.33 8.33 69.75   
K635-3
連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術
- 6.56 24.33
0 67.11   







  







  

透析導入患者に対しシャント設置術を29症例行っております。

消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K7211
内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
279 1.09 1.35 0.36 74.24   
K721-4
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術
116 1.68 3.23 0 68.96   
K6532
内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層
61 2.16 5.52 1.64 75.49   
K688
内視鏡的胆道ステント留置術
50 2.94 8.96 0 76.52   
K635
胸水・腹水濾過濃縮再静注法
42 5.48 8.17 0 65.76   

消化器内科では大腸ポリープ切除術が多い件数となっております。近年においては外科で対応する開腹手術に頼らない手術も増加してきている。その代表例が早期がんに対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)であり現在消化器内科では積極的に行っております。3番目は胃のポリープに対しての止血術となっています。

(7)その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 4 0.05
異なる 28 0.34
180010 敗血症 同一 18 0.22
異なる 28 0.34
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 1 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 41 0.50
異なる 2 0.02

医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべき病名について、入院契機となった病名との同一性の有無を区別して、患者数と発症率を示しました。手術・処置等の合併症においては、後出血、術後創部感染等になります

更新履歴

2020/10/01 病院指標を公開しました。
受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。