新人教育

新人教育の考え方

自ら判断し看護を実践できるようになるための二年間の研修プログラムを組み、教育を行っています。新人教育プログラムの特徴は、①新人看護師の到達できる目標を月単位で表現、②看護技術の進行を詳細に明記、③看護技術にあわせて新人の業務内容を詳細に明記、④教育に携わるスタッフの役割と条件を提示していることです。

新人看護師到達目標

  1. 看護職員としての必要な基本姿勢と態度を身につける
  2. 看護実践における基本的技術を身につけ、管理的視点と態度を身につける

新人看護師の行動目標

行動細目標
1年目看護師 4月 ●職場への適応、専門職業人・社会人としての節度あるマナーと接遇、守秘義務を厳守し、プライバシーに配慮できる
5~6月 ●患者の生活レベルのケアを重視した看護を行うことができる
●先輩看護師とともに助言を得ながら患者さまの生活援助ができる
7~9月 ●対象のニーズに目を向けながら、患者さまの生活レベルに合わせたケアを考えることができる
●治療を受ける患者さまに必要な基礎的な診療の介助について、先輩看護師の助言を得ながら実践することができる
10月 ●必要な情報や看護上必要な判断を得るために先輩看護師に自ら援助を求めることができる
1月 ●人の生死に関わる職業であることを自覚し、1年間の研修の成果をナラティブとしてまとめることができる
2年目看護師 各診療科で、専門的な治療や検査についての診療の介助を自分で判断しながら実践することができる

ページの先頭へ

他部署研修

他部門研修は、ベッドサイド以外での患者の看護を理解するため、また病院全体の組織を理解するために行います。(他部門とは、医事課、総務課、連携室、社会課、薬剤部、検査課、放射線科、用度課、栄養課、理学療法室などです。)

ページの先頭へ

新人研修の内容


研修の様子

・インシュリン注射

・フィジカルアセスメント

・採血

・内服薬準備

ページの先頭へ

プリセプターシップ

各病棟では、プリセプター&サポーターシステムを導入し、一人一人の新人看護職員に対し、小さな疑問や不安など何でも話せる身近な存在として、3年目以上の先輩看護職員が職場適応の支援を行います。各病棟には教育担当者として、赤十字キャリア開発ラダーレベルⅢ以上の認定を受けた者が指導の総括的な役割を担っています。また、現場で感じた様々なジレンマなどの看護倫理問題について語り合う会、リフレッシュ研修を設けています。

新人看護師の声

6階西病棟 看護師

今年度は新型コロナウイルスの影響で新人研修が短縮して行われた為、研修後、配属先の病棟で勤務することに初めは恐怖心を抱いていました。しかし、オンラインシステムを通して自宅や隙間時間に学習し、基本的な技術から段階を踏んで進めることができとても安心しました。プリセプターだけでなく、日々指導者がフォローし振り返りまでしてくれるので、色々な看護のかたちを学ぶ良い機会だと感じます。また、週ごとに覚えるべき看護技術を具体的に示される為、課題や目標を明確にしやすいです。慣れないことばかりで不安も多いです。そんな中でも技術や疾患の知識などだけでなく、生活面の心配事でも相談にのって下さる先輩、同期の存在や、患者さんの言葉に支えられ、日々学んでいます。

6階東病棟 看護師

新人看護師として入職してから、分からないことや出来ないことが多く、勉強することが多い日々を送っています。戸惑いや不安を感じることもありますが、その都度、先輩たちが丁寧に話を聞いてくれたり指導をしてくれるため、安心して仕事に取り組むことができています。苦手な看護技術もありますが、先輩方に見てもらいながら手技を確認したり、アドバイスをいただいたりすることで改善点に気付き、少しずつできることが増えてきたように思います。 一日を振り返り、今日の失敗を次に活かせるように学び続ける姿勢をもって、根拠に基づいた安全で確実な看護を患者さんに提供できるよう、頑張っていきたいです。

ページの先頭へ

先輩看護師の声

3階病棟 助産師

現在2年目となりました。院内研修や日々の勉強、先輩方の指導と丁寧な振り返りのおかげで知識と経験を重ねることができました。少しずつ職場環境にも慣れて出来ることも増え、やりがいを持って仕事をしています。 入職してから様々な方の分娩・産後のケアをさせていただき、産婦さんから「担当の助産師さんがあなたでよかった」と言っていただくことがありました。私はどんな時も産婦さんに優しく寄り添い、「産んでよかった」「いいお産だった」と思ってもらえるような関わりができる助産師になりたいと思っています。これからも自ら学ぶ姿勢をもち、先輩方に相談・指導をしていただきながら少しでも早く先輩方のような助産師になれるように頑張っていきます。そして、妊婦・産婦・褥婦さんや赤ちゃんをはじめとする患者さんが安心して笑顔で過ごすことができるよう精一杯関わらせていただきたいと思います。

ページの先頭へ

プリセプターの声

6階東病棟  看護師

1~2年目は新人教育期間としてプリセプターや新人教育担当の方を始め、たくさんの先輩達からご指導をしていただき、できることや知識が少しずつ増えてきました。3年目にプリセプターとなり、初めて後輩を支援する立場となりました。 後輩に指導をするには自分が正しい知識や技術を理解している必要があります。それを後輩にわかりやすく説明する難しさを感じています。しかし、後輩がひとりでできることが増え、成長している姿を見ると、自分も更に頑張ろうと思います。また昨年まで新人教育を受けていた立場だからこそ、その大変さに共感しています。先輩達が私に対して相談しやすい雰囲気を作ってくれたように、困っていることがないか声をかけて後輩達に関わることを意識しています。まだまだ指導をする立場としては未熟ですが、プリセプティを始め後輩達と一緒に成長していけたらいいなと思います。

6階西病棟  看護師

看護師3年目となり、プリセプターになりました。自分自身が新人だった時の不安や緊張を思い出しながら関わり、話しかけやすい雰囲気を作ることを心がけています。私が新人の頃は、プリセプターの先輩に優しく指導していただき、「いつでも味方だよ」と言われたことが心に残っています。そして、その言葉で安心して働くことができたと思っています。私もその先輩のように、プリセプティの味方となり、支えとなっていきたいです。また、新人を指導する立場となったことで、自分自身の勉強や知識が足りないことを日々実感しています。後輩を指導するのは初めてで、難しいと感じることもありますが、先輩たちに助言をいただきながら、プリセプティと一緒に成長していきたいと思います。

ページの先頭へ

教育担当の声

3階病棟 助産師

病棟では、新人助産師1人に3年目以上の助産師が1人プリセプターとして担当し、基本的な助産スキルを習得するために1年間の教育計画をたてています。助産師2年目にもプリセプターを配置し、両親学級や保健指導、プライマリ助産師としての妊産褥婦の援助など更なるスキルアップが出来るよう継続してサポートをしています。定期的にプリセプター会議を開催し、技術の習得状況、新人さんの悩みや不安をスタッフ同士で共有します。その中で、新人さん一人一人に合った助産や看護経験の進め方を話し合い、指導方針を決定しています。その指導方針を病棟スタッフ全員が情報共有し、看護師と助産師の先輩たち全員で新人さんを支えられるように努めています。

ページの先頭へ

受付時間 830分~1100
休診日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始
夜間・休日の救急診療を行っています。